‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

売るのにベストなタイミングってある?

2014/09/28

自動車を売るとなると誰しもが出来るだけ高く買取をしてもらいたいものですから、一番高く売却できるタイミングで買取をしてもらいたいものですよね。
特に自動車のように金額の大きいものでは、少しの買取金額の差が無視することが出来ないぐらい大きなものになってしまうためです。

それではどのような時期に売却をすればよいのかというと、まず自動車は10年を10万キロを超えると途端に価値が落ちてしまうので売却を考えているのであれば、この前の時期のタイミングで売却に出すのが良いでしょう。
これを超えてから売却をしようとしても、大幅に減額されてしまうこともあるので、そのような場合には乗りつぶすことを考える必要も出てきます。

次の車種によって高く買取をしてもらえる時期というのがあり、4WDのように冬場に需要が見込める車の売却を考えているのであれば、冬の少し前の時期に買取に出すと高く買取をしてもらうことができます。
また、需要が高まる時期の直前というのは仕入れのために、高く買取をしてもらいやすい傾向にあるので、ゴールデンウィーク商戦の直前である2・3月といった時期も高く買取をしてもらうことができる、可能性の高い時期と言えます。

事故車でも売ることってできる?

2014/09/28

車を運転していて、事故が起きてしまうと、被害状況によって車に修復歴が付いてしまいます。
日常生活で、外装をこすってしまった程度では修復歴は付きませんが、事故の状況によって、車両本体に修復歴が付いた車を事故車といいます。

 自動車メーカーは、新車時のボディや足回りのバランスを、修理で完全に再現することはできないとしているため、修復歴のある車は、きれいに修理をしていても新車時のパフォーマンスは保証されません。
とはいえ、修理をしていれば、日常の使用には使用なく使えたり、事故の状況で修理自体が困難な状況でも、パーツによっては使用可能です。
事故の損害が大きくて、修理には多額のお金が必要な場合で、車両保険による修理もできないときは、修理をするよりも、現況で買取査定を受けるのも一つの方法です。
車の状況によって査定金額が決まりますが、修理をして乗り続けるより、買い取りをしてもらって、新しい車の購入資金の一部にする方が経済的な場合があります。

通常の車の買取は、車種と年式で相場がありますが、事故歴のある車は相場がないので、複数の査定を受けるのがおすすめです。また、車を買うときの下取りは、車種や相場よりも、購入する車の値引きの意味合いもあるので、車両の状態が良くなくてもある程度の査定はしてくれます。
購入する車が決まっている場合、下取りの査定も聞いてみるのがおすすめです。

廃車の流れ

2014/09/28

廃車とは、車を処分する場合や一時的に車の使用を停止する場合に行う手続きのことです。
この廃車の手続きの一連の流れのことを、廃車手続きや抹消登録手続きといいます。
廃車手続きを行う目的は、所有者に関する記載の変更や自動車税に関する記載の変更を届け出ることです。

手続きの種類には、永久抹消登録と一時抹消登録があります。
申請の目的に応じてどちらかの方法を選んで手続きを行うことになります。

永久抹消登録は、車が処分されて使用不能になって所有権が消滅している場合に行う手続きです。
この手続きは、ナンバープレートと車検証など申請に必要な書類を提出して、現在の住所の管轄の運輸支局に申請を行い、申請手続き完了後に、保険や税金の還付を受けるという手順になります。

一時抹消登録は、一時的に車を使用しない場合や盗難などにあった場合に行う手続きです。
基本的な申請の手順は永久抹消登録と同じですが、この手続きは一時的なものなので、申請後に車を解体した場合や所有者を変更した場合は、それぞれに必要な手続きを別に行う必要があります。

これらの手続きは個人で行う以外にも、代行業者に依頼することもできます。
申請の方法や手順がわからない場合は、運輸支局などに問い合わせる方法が有効です。

買取った車はどうなる?

2014/09/28

テクノロジー03マイカーを買い替えることにはかなりの労力が必要となります。これまで大切に使い続けてきたものを複数の買い取り業者から査定してもらい、そこで最もよい条件を提示してくれた業者と下取り契約を交わすわけですが、そこで高値で取り引きされようが、あるいは安値で買いたたかれようが、売る側にとってはマイカーがこの先、どのような運命をたどることになるのかとても気になってしまうところです。

実際、下取りされた車は中古販売業者で第三者に向けて広く販売されるわけですが、それに向けて必要な機能を備えているかどうかの入念なチェックが行われます。たとえばエンジンや走行距離、タイヤのコンディションに至るまで販売できるに相応しいクオリティとなるように整備や修理が続けられたり、あるいは必要であれば部品を新たなものへと入れ替えたり、タイヤなどの消耗品にいたっては新品と取り替えられることとなります。

それにもしもボディに傷がついていたり、パーツに老朽化や故障がある際にもこれが直るまで市場に出ることはありません。また、こうして修理が行われた末に売り物にならないと判断された時にもすぐさま廃棄処分になることはありません。その際には東南アジアやアフリカなどに輸出すると日本製ゆえに高いニーズを獲得できるという算段があります。買い取り業者はそこまでの展開を見込んだ上で査定額を付けて下取りを行っているのです。

知っておいて損はない!車の事

2014/09/28

自動車買取を利用するならできるだけ高く買取をしてもらいたいと、誰しもが考えることでしょうそのためには車のことを知っておく必要があります。
どのような車が高く売ることができ、どのような車が良い査定をもらえないのかを知っておくだけで買取を利用する際に有利になるのです。

まず、高く買取をしてもらいやすい車というのは、その時人気のある車種でそのような車は当然中古車市場でも人気が高く、買取金額も高くなりやすいのです。
その反対に不人気車種は、当然買取価格も安くなってしまいます。
また、人気のボディタイプというものもあり最近では荷物や人を多く載せることができる、ミニバンタイプの車やワゴンタイプの車が人気があり買取の際にも有利になります。
逆に人気がないのが高級車以外のセダンで、このような車は売却の際に不利になってしまいます。

走行距離や年式といった要素も非常に重要で、特に日本では10万キロを超えた車や10年を超えた車は人気が落ちてしまうため買取の際も金額が安くなってしまいます。
そのため、この境の車を乗っているという人は早めに売却をするかあるいはそのまま乗りつぶすつもりで、乗り続けるのかを選択すると良いでしょう。

改造していると査定に影響がでる?

2014/09/28

テクノロジー02自動車やバイクなどの車両はそれを好きな人にとっては、その仕組みを理解して改造をしたいという気持ちを持つことはそれほど特殊なことではありません。しかしながらその様に手を加えるというのは法的に許された範囲内で行われなければならないという問題があります。若干程度の内容であれば大目に見てもらえることもあるかもしれませんが、車検に通すことが出来ないレベルの物になってくると査定そのものが不可能になるということもあるでしょう。
このことが意味しているものは、標準の部品での攻勢から外れるということは基本的に査定時のマイナス要因にしかならないということなのです。そのため自分らしさを出そうとすると査定時の価値を下げてしまう結果になるという理解をしておく必要があるでしょう。この様な中古車市場では如何に多くの需要があるかによって値段が付きますので、極めてマニアックな装備や外観になっている車両にその様な需要があるかどうかを考えると非常に分かりやすいのではないでしょうか。中古車市場というのはより多くの人に必要とされるものに値段が付きます。わかる人にしかわからない種類の良さというのは正当に評価されること自体が難しいというのが現実であると言えるでしょう。

成人してなくても査定はできる?

2014/09/28

一般的な自動車免許とは違って、バイクなどの二輪車は16歳以上の年齢になれば免許を取得でき、バイクを購入することができます。ですから、多くの未成年者がバイクのオーナーであることは決して珍しいことではありません。さて、バイクのオーナーであれば必ずある疑問が浮かんでくることがあります。それは、このバイクを売ることができるのであろうかということです。普通の自動車は基本的に大人になってから購入するものですが、ことバイクについては未成年でも入手可能でありますので、成人していなくてもそれを査定にかけ、そして売ることはできるのかと不安になってくるでしょう。では、実際のところ未成年でも査定は行ってもらえるのでしょうか。

それについては、やはり未成年であるという前提がある以上、保護者の同意が必要になってきます。中古の本を売る時なども身分証明とともに保護者の同意が必要になってくるケースが多いですので、バイクを販売する時においても保護者の同意が重要なポイントとなってくるのです。ですから、仮に未成年者であり自分のお金でバイクを購入していたとしても、そのバイクのオーナーとして査定に出す権限はまだ付加されていませんので、まずは保護者と相談することが求められるでしょう。

エンジンのかからいバイクでも査定可能?

2014/09/28

テクノロジー01エンジンのかからないバイクの査定とは、何らかの理由により動力機関に問題があって動かなくなったバイクの査定のことです。
査定の対象になるバイクは、小型から大型の物まで様々な機種のものが対象になります。

通常は動かない乗り物は価値がないとされていますが、この査定では買い取った物を修理をすることを前提に査定を行っています。
この査定を受けることにより、不要になったバイクを処分出来る利点や処分費用の節約を行える利点を得ることができます。

動かないバイクの売却査定は、中古買取を行っている業者などを利用して査定を依頼することができます。
方法は通常のバイクの売却と同じで、インターネットによる査定と直接店舗にバイクを持ち込んで査定を受ける方法が主流です。

査定基準も通常のバイクと同じで、年式やバイクの希少価値などによって決定されますが、故障しているバイクの場合はそれとは別に、故障の度合いや買取業者の修理機能や業者の販売網で再販売が可能かなども査定の基準対象になります。
買取を行う業者によっては、買取できるバイクの種類が異なる場合や、買取基準に満たない場合は買取を拒否されることもあるので、査定依頼前に事前に確認する必要があります。

バイクの状況と査定

2014/09/28

CD・DVDバイクの査定には、その車両のコンディションが大きく係わってきます。この査定時に基準になるのが、複数の車両の状況により、適切な査定額を算出していく方法です。
この評価は新車の状態を基準として、走行距離や各部の状況を判断した上で査定が行われます。乗った車両というのは、走行距離がある程度ありますが、百キロ未満などの状態で転倒や事故なども無い状態は、査定基準が高いものとなるのです。
特に、この走行距離は最も重要なポイントで、百キロ未満の車両ならば、中古車ではなく新古車としての扱いになる事もあり、買取額は非常に高くなる傾向があります。
この新古車の場合は、購入してから少ししか乗っていない状態で、新車同様の状態なので、高額な査定価格を提示してもらうことができるのです。
そして、中古車量の場合は、この走行距離に加え、破損の有無、改造、事故歴などの条件が加味され、適切な査定価格が算出されることになります。この際に、車両についた細かなキズなどは、個々のメンテナンスで対応できる場合もあるので、査定の価格を上げる為に、事前に修復しておく事も大切です。
中古車を売却する際に査定を依頼する場合は、欠損部分、改造個所は事前に修復しておく事も大切です。