買取った車はどうなる?

テクノロジー03マイカーを買い替えることにはかなりの労力が必要となります。これまで大切に使い続けてきたものを複数の買い取り業者から査定してもらい、そこで最もよい条件を提示してくれた業者と下取り契約を交わすわけですが、そこで高値で取り引きされようが、あるいは安値で買いたたかれようが、売る側にとってはマイカーがこの先、どのような運命をたどることになるのかとても気になってしまうところです。

実際、下取りされた車は中古販売業者で第三者に向けて広く販売されるわけですが、それに向けて必要な機能を備えているかどうかの入念なチェックが行われます。たとえばエンジンや走行距離、タイヤのコンディションに至るまで販売できるに相応しいクオリティとなるように整備や修理が続けられたり、あるいは必要であれば部品を新たなものへと入れ替えたり、タイヤなどの消耗品にいたっては新品と取り替えられることとなります。

それにもしもボディに傷がついていたり、パーツに老朽化や故障がある際にもこれが直るまで市場に出ることはありません。また、こうして修理が行われた末に売り物にならないと判断された時にもすぐさま廃棄処分になることはありません。その際には東南アジアやアフリカなどに輸出すると日本製ゆえに高いニーズを獲得できるという算段があります。買い取り業者はそこまでの展開を見込んだ上で査定額を付けて下取りを行っているのです。

コメントは受け付けていません。