事故車でも売ることってできる?

車を運転していて、事故が起きてしまうと、被害状況によって車に修復歴が付いてしまいます。
日常生活で、外装をこすってしまった程度では修復歴は付きませんが、事故の状況によって、車両本体に修復歴が付いた車を事故車といいます。

 自動車メーカーは、新車時のボディや足回りのバランスを、修理で完全に再現することはできないとしているため、修復歴のある車は、きれいに修理をしていても新車時のパフォーマンスは保証されません。
とはいえ、修理をしていれば、日常の使用には使用なく使えたり、事故の状況で修理自体が困難な状況でも、パーツによっては使用可能です。
事故の損害が大きくて、修理には多額のお金が必要な場合で、車両保険による修理もできないときは、修理をするよりも、現況で買取査定を受けるのも一つの方法です。
車の状況によって査定金額が決まりますが、修理をして乗り続けるより、買い取りをしてもらって、新しい車の購入資金の一部にする方が経済的な場合があります。

通常の車の買取は、車種と年式で相場がありますが、事故歴のある車は相場がないので、複数の査定を受けるのがおすすめです。また、車を買うときの下取りは、車種や相場よりも、購入する車の値引きの意味合いもあるので、車両の状態が良くなくてもある程度の査定はしてくれます。
購入する車が決まっている場合、下取りの査定も聞いてみるのがおすすめです。

コメントは受け付けていません。